FXと格闘する日々のblog

あなたの知りたい知識と経験をリアルタイムに投稿するFXブログです

今週のトレード/3月1日~3月5日

Aグループ(月曜日/火曜日/水曜日)は月曜日と水曜日にトレードする

Bグループ(木曜日/金曜日)はルール違反によりノートレ

 

[トレード結果/監視3日] 

3月5日~3月5日/成績:1勝1敗 勝率50% 損益率0.68 -4.5pips

...................................................................................

3/1(月曜日)ドル円/東京時間/1時間10分

売り注文:価格106.567 SL106.643 +9.5pips

 

3/3(水曜日)ドル円/東京時間/5時間10分

売り注文:価格106.737 (SL106.805)-14.0pips

 

トレード内容:

今週は2トレ共に勝率の悪い東京時間のトレードだった

上位足は陽線を付けているにもかかわらず逆張りでポジションを持つ

先週からの流れの調整が入り値が上昇していくが素直に順張りができない

 

水曜日のトレードはSLを外すというルール違反をしてしまい

予定pipsよりも大きく負けることになる

結果的に今週最大のチャンスであったBグループでのトレードには乗れなかった

 

今週のトレード/2月22日~2月26日/2月の成績

Aグループ(月曜日/火曜日/水曜日)
Bグループ(木曜日/金曜日)共に今週はノートレで終了する

 

[トレード結果/監視3日]

2月22日~2月26日/ノートレ


[2021年2月の成績]   

3勝1敗 勝率75% 損益率1.2 +14.6pips 月利+1.54%

 

過去2ヵ月間のトレード:

問題点:勝ちトレードは全てTP手前で決済している/決済後のTP到達は25%

原因:値動きを波として捉えていない/値幅と経過時間にこだわり過ぎる

対策:上位足のトレンド・チャネルライン/エントリー足の切り上げ下げライン利用

 

エントリータイミング/SLは今まで通りに時間軸と水平線で行い

トレンドラインとチャネルライン/切り上げ下げラインは相場環境認識の補助とする

これにより問題点を改善したい

値動きを値幅/時間から波として捉えることでよりTPを明確にする

 

[2月の総評]

2月から週間をA/Bグループに分け金曜日を解禁したことにより

トレードチャンスを増やす試みをする しかし週間監視日の平均が3日だった

その原因は上記の問題点も含め相場環境認識不足だと気がついた

 

エントリー後TP達成まで待てずに決済してしまう

3月のトレードは値動きを波として捉えることでこの問題の解決をはかりたい